Home
トップページ
User Program
全国共同利用と日米協力
News & Calender
施設からのお知らせ
Neutron Science
中性子科学について
Neutron Science Lab.
中性子科学研究施設の紹介
Scientific Highlights
Scientific Highlights : 第15回中性子科学会技術賞を受賞
投稿者 : ohshima 投稿日時: 2017-12-13 11:02:21 (650 ヒット)

122,3日に福岡大学(福岡県福岡市)で開催された日本中性子科学会第17回年会において、中性子科学研究施設の益田准教授、吉澤教授、川名技術職員、杉浦技術職員、浅見技術職員、左右田元助教(現、理化学研究所)がグループの一員として第15回中性子科学会技術賞を受賞しました。この賞は、中性子科学の技術的発展への貢献が顕著である人、団体を称えるために設けられました。

受賞テーマは、「高分解能チョッパー分光器HRCの建設と中性子ブリルアン散乱法の実装」です。本グループは、J-PARCのパルス中性子源に高分解能チョッパー分光器HRCを設置し、物質のダイナミクスを高分解能かつmeVからeVにわたる広いエネルギー領域の探査を可能にするとともに、バックグラウンドの低減や試料環境・計算環境を整備した事により、世界標準の中性子非弾性散乱実験の機会をユーザーに提供しています。また、精密にコリメートされた中性子ビームと小角散乱検出器により低い運動量遷移領域における高いエネルギー遷移領域の測定を行う手法である「中性子ブリルアン散乱法」を実装し、単結晶の作製が難しい試料でも粉末試料を用いてガンマ点近傍(運動量遷移量がゼロの近傍)でのダイナミクス測定を可能にしました。

本グループは、HRCを世界トップクラスの中性子非弾性散乱装置として整備するとともに、中性子ブリルアン散乱法を実装し、研究成果によりその有用性を示したことが認められ、同賞の受賞に至りました。

J-PARCのパルス中性子源の性能を最大限に引き出すための継続的な高度化の成果であり、かつ中性子散乱の可能性を拡大するものであります。

    

 

 

左より伊藤KEK教授、川名技術職員、杉浦技術職員、益田准教授、左右田元助教

 


印刷用ページ